2014年09月15日

気ままに天体写真(7)

8月から9月にかけても、大気の状態が不安定な日が続き、昼間晴れていても夜になると雲が広がってしまうという状況が続いています。しかも、各地でゲリラ豪雨による被害があり、晴れていても安心して撮影機材をセッティングしておく気になれませんでした。
そんな訳で、その後に撮影できた天体写真は、ごく僅かでした。
すでにfacebookに投稿した写真ですが、あらためてここに投稿しておきます。

●8月20日のジャック彗星
ちょうど2重星団の近くを通過している様子を撮影することができました。
前回6日に撮影したときは、やっと確認できる程度でしたが、この時はハッキリと写る明るさになっていました。
いつもEM200赤道儀をセットする位置からは望遠鏡を向けることができなかったので、自作ポータブル赤道儀を撮影可能な位置にセットし、望遠レンズ付きカメラを載せて撮影しました。

200mmで、彗星と2重星団と同一写野に収める構図をとることができました。
Jack&hχ_200x2.jpg
撮影日時:2014年8月20日 0時10分
撮影カメラ:ニコン D700 200mm(70-300)、ISO-1600、F5.3、30秒(2枚合成)

300mmでも2重星団と同一写野に収めることもできましたが、少々窮屈になってしまったので、彗星をメインにして撮影しました。何よりも、自作ポータブル赤道儀で300mmを30秒間自動ガイド撮影できたのが、我ながら一番の収穫でした。
Jack_300x2.jpg
撮影日時:2014年8月20日 0時20分
撮影カメラ:ニコン D700 300mm(70-300)、ISO-1600、F5.6、30秒(2枚合成)

●9月9日のスーパームーン
前日が中秋の名月でしたが、9日に満月となりました。しかも、地球と月の距離が短くて大きく見えるスーパームーンです。今年3度目のスーパームーンですが、次回のスーパームーンは約1年後となるそうです。

20140909_SuperMoon.jpg
撮影日時:2014年9月9日 22時43分
撮影望遠鏡:タカハシ FC-76D+エクステンダーCQ1.7×
撮影カメラ:ソニー NEX-5 ISO-400 1/80秒
撮影方法:CQ1.7×併用直焦点撮影(合成焦点距離 954mm)
画像処理:Photoshop(レベル調整、トーンカーブ調整)

今年の天候は梅雨が過ぎてもスッキリとせず、日本全国の天文ファンをヤキモキさせるものとなっています。やがて台風シーズンとなってしまうので、はたして、いつになったら秋晴れがやってくるのでしょうか。天文ファンのストレスは、まだしばらく続きそうですね。
posted by マサちゃん at 14:29| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 天文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。