2016年01月20日

凍る寒さ(6)

今年は暖冬ということで、例年は年末に初氷となるのですが、この冬は正月明けの1月13日が我が家の初氷となりました。そこで、今年も遅ればせながら偏光フィルターを通した氷の結晶写真を投稿しましょう。

●2016年1月13日の初氷
氷の厚さは2mm程度でしたが、きれいな結晶が見られる条件としてはこれくらいの厚さがちょうどよいのです。
しかし実際に見てみると、きれいな虹色は見られましたが芸術点ではやや期待外れでした。おそらく気温の下がり具合で、凍る速度などの細かい条件が変わってくるためだと思います。
20160113_氷.JPG

その後は、なかなか凍る日が訪れませんでしたが、鴻巣でも十数センチの積雪となった18日以降は朝の冷え込みが厳しくなり、20日の朝は給湯器の配水系が凍ってしまい、お湯が出なくなるほど気温が下がりました。
ここまで気温が低くなると、3つの水鉢で3mmから10mmの厚さまで氷が成長しました。ところが、あまり厚くなるときれいな結晶が見られることは少なく、実際10mmの厚さの氷の芸術点はランク外でした。また、3mm厚の氷でも結晶の核となる不純物が少なかったようで、結晶が大きすぎて変化に富んだ色彩が得られませんでした。

●2016年1月20日の氷
そんな状況の中で、一つの水鉢にできた5mm厚程度の氷は、白く濁っていたのですがなかなかきれいな結晶模様が見られました。この濁りの正体は水鉢の中で溶け残った雪なのです。つまり、この雪が核となり、小さな結晶がぎっしりと詰まった氷が出来たのだと思います。
20160120_氷.JPG

この日は朝から快晴だったのですが、午前9時前に北の空から雪雲が流れ着て、徐々に太陽を覆い始めました。
しかし、太陽を完全に覆い隠すまでには至らず、一部に青空を残した状態の薄日となりました。
雪雲.JPG

このように雪雲と青空が混在する中、やがて雪が舞い始めました。いわゆる風花というやつです。
風花.JPG

結局、この日の午前中は、こんな天気を繰り返していましたが、午後には快晴となり夜には月が煌々と夜空に輝いていました。しかし、天気予報では週末に再び雪の可能性があるということで、2年前の記録的な大雪を想像してしまうのは、私だけではないでしょう。はたして、大雪に弱い関東地方ではちょっぴり不安なのであります。
まあ、心配してもしょうがないので、今夜は日本酒を飲みながら鍋でもつついて温まることにしましょう。


posted by マサちゃん at 17:38| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。