2018年09月27日

コズミックフロント☆MUSIC 2018

先日、NHKのBSプレミアムで放送されている「コズミックフロント☆NEXT」主催のコンサートへ行きました。
NHKのホームページでイベント情報をチェックしていてちょうど目に留まり、即座に観覧を申し込みました。
NHKの公開放送観覧申し込みはなかなか当たらないのですが、今回は見事に当選しました。
Program.JPG

送られてきた観覧ハガキには、座席はランダムに割り当てられるので早く来場しても意味がない、といった趣旨の注意書きが記載されていたので、のんびりと15分前くらいに入場しました。しかし、入口でハガキと引き換えに渡された座席県の番号は3階席(ガーン!)。
隣の席に座った家族連れのお母さんは、下階の席が満席になっているのを眺めながら「ハガキに書いてあったことは明らかに嘘だね。」と怒りをあらわにしていました。そして、私も心の中で「同感でーす。」とうなずいていたのであります。
まあ、3階とはいえ最前列の席だったので、眺めとしては最高でしたしフルオーケストラ鑑賞なので、結果的に不満は残りませんでした。

プログラムの中には、映画やアニメの楽曲もあったのですが、著作権の関係でしょうか?全く関係のないプロジェクションマッピングの模様がスクリーンを埋めているだけだったのは残念でした。こんな無意味な映像よりも、コズミックフロントで放送された中から、美しい宇宙映像を流してくれた方が良かったのではないでしょうか。
圧巻だったのは、岡本知高さんが歌った「Jupiter」です。平原綾香さんの日本語版とは全く別の英語バージョンでしたが、男性ソプラノ歌手ならではの独特の歌声と圧倒的な声量で、思わず「ブラボー!」と叫びたくなるほどでした。(叫びませんでしたけどね。)

もう一人のゲストは宇宙飛行士の古川聡さんでした。大ホールの観客を前に少し緊張気味でしたが、あの優しい笑顔で宇宙体験を分かりやすく話してくださいました。その中で「なるほど」とうなずいたのは、ISSから見た星空はさぞかし美しいのではないかと質問されたときに、訓練で滞在した僻地の星空のほうが圧倒的に美しかったというお話でした。なぜならば、ISSは90分で地球を一周してしまうため、星空を鑑賞する余裕があまりないということなのです。

コンサートが終了したのは17時半、夕食はどこへ行こうかと思案していると、久々に東京に出てきたので東京駅前にできた広場から東京駅舎を眺めたい、という家内の要望に応えて渋谷から東京へ移動となりました。
当日の天気予報では、終日時々雨が降る不安定な天気となっていたのですが、時々日差しも出ておおむね良い天気でした。しかも、ほとんど鑑賞は絶望とされていた「中秋の銘月」も東京駅舎の上に煌々と輝いていたのでした。
Tokyo_Moon.JPG
posted by マサちゃん at 18:12| 埼玉 ☔| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。