2014年05月28日

ポピー・ハッピースクエアー 2014

今年もポピーの季節となりました。「ポピー・ハッピースクエアー」としての大々的なイベントは、5月24日、25日で終了しましたが、当日は会場に行けなかったので、遅ればせながら本日でかけてみました。
まだまだ花はたくさん咲いていますが、26日以降は摘み取りも自由となり、しぼんだ花も多くなっているため、今週の土日が見ごろの限界かと思われます。

●麦ナデシコ
毎年ポピーと並行して見ごろを迎えるのが「麦ナデシコ」です。
こちらは、ポピーより早く見ごろを終えてしまい、現在は来年のタネ取り用に残している一角のみで咲き残っています。
muginadeshiko_2014-01.JPG

muginadeshiko_2014-02.JPG

muginadeshiko_2014-03.JPG

NHKのニュースを見て見学に来たと思われるオバサンたちが、「思ったより狭いね。」と言っているのが聞こえてきましたが、「いやいや、実はもっと広大に咲いていたんですよ。」と心の中で言い訳したのであります。
ちょうど、その広大な一角が刈り取られ、焼き払っている最中でした。
muginadeshiko_2014-04.JPG

●ポピー
こちらは満開を過ぎたあたりで、まだたくさん咲いています。
poppy_2014-01.JPG

「ポピーまつり」は6月1日まで行われているため、平日ながら大勢の方々が会場に来ていました。また、イベント用テントでは農産物の直売などが行われています。
poppy_2014-02.JPG

赤やピンクの、ティッシュペーパーのような花は「シャーレー・ポピー」、オレンジ色の小型の花は「カリフォルニア・ポピー」と言うそうです。
poppy_2014-03.JPG

poppy_2014-04.JPG

poppy_2014-05.JPG

上空には、ヒバリが「ピーチク・パーチク」とけたたましく泣きながら、あちらこちらでホバリングをしています。
poppy_2014-06.JPG

去年より花の種類が少ないような気がしますが、あいかわらず美しく咲いています。
poppy_2014-07.JPG

poppy_2014-08.JPG

poppy_2014-09.JPG

poppy_2014-10.JPG

poppy_2014-11.JPG

poppy_2014-12.JPG

poppy_2014-13.JPG

今日は、30℃近くまで気温が上昇し、厳しい暑さとなりましたが、真夏は連日35℃以上になることが珍しくないこの地としては、まだまだ暑さは序の口と言ったところでしょうか。
これからは、熱中症には十分注意する必要がありそうですね。
posted by マサちゃん at 17:54| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 草花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月02日

2014年の桜咲く

熊谷で満開というニュースを聞いたので、今年は熊谷の桜堤に出かけてみました。
今日は平日ですがパート仕事が休みなので、週末の混雑を避けるためには今日出かけるしかないだろうと、昼食後に我が家を出発しました。

熊谷駅を降りると、桜堤の方へ向かう人、帰ってくる人の流れがあり、いやな予感。
桜堤に到着すると
「うわー!今日は平日なのに何でこんなに来ているの?」
と思わず叫びそうになりました。
004.JPG

そういえば、今は春休みだったんですね。
それで親子連れが多いのか、と納得したのであります。

これだけ混雑していると、人を入れないで桜を写すのは難しいので、土手に咲いている菜の花越しに桜を仰ぐ構図でごまかしました。
ちょうど、「綿みていな雲がポッカリと浮かんで…」いました。
020.JPG

こんな混雑は想定外だったので、ここは早々と引き上げることにして、次は吹上の元荒川沿いの桜を見に行くことにしました。
こちらは地元の人たちの憩いの場という感じで、大混雑が無くていい雰囲気です。
036.JPG

それでも、夜になると川沿いの提灯に灯がともり、夜桜見物の人々で賑わうようです。
068.JPG

さて、最後は自宅への帰り道に、例年どおり勝願寺と鴻巣公園に立ち寄ってみました。
数年前に枝を切り落とした勝願寺境内の桜も、すっかり復元して咲き誇っています。
081.JPG

鴻巣公園では、今週末(4月5日〜6日)に桜まつりがもようされます。
093.JPG

さて、今年の桜は一気に咲いてしまいました。
まだ行きたいところがあるのですが、いつまで咲き続けてくれるでしょうか。
posted by マサちゃん at 18:24| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 草花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月14日

我が家に咲いた白い花

ようやく真夏の猛暑から解放されつつありますが、今日は台風が近づいているためでしょうか、非常に蒸し暑くて不快な陽気です。そんな状況で、いつものように我が家の植物に水をあげていると、何となく白い花が多いことに気付きました。そこで、今、我が家に咲いている白い花を列挙してみました。

●クチナシ
本来、梅雨の前あたりに咲く花ですが、花数は少ないものの、真夏にもう一度咲く時期があります。特に今年は、1ヶ月くらい前から数輪ずつ咲き続けていて、まだ蕾が5つくらい残っています。これも猛暑の影響なのでしょうか?
最盛期に咲く花には、すぐに小さな黒い虫が花びらにたかって、純白でいられる期間が短いのですが、この時期に咲く花には黒い虫がたからないので、純白の花を楽しむことができます。
白い花-01.JPG

●タマスダレ
あちらこちらで見かけるおなじみの花ですが、私は長い間この花の名前を知りませんでした。この季節なら「細い葉の白い花」で分ってもらえるので、名前を知ろうとしていなかったようです。
ちなみに、ここに写っている斑入りの細い葉は、別の植物です。
白い花-02.JPG

それでも「タマスダレ」という名前がピンとこなかったのですが、このように群生している状態を見ると、確かに簾のようではありますね。
白い花-03.JPG

●日々草
この花も、そろそろ季節外れになってきたようで、やはり、末期症状でしょうか、最近はぐんぐんと背丈が伸びてきました。しかし、この花と同時に植えた赤い日々草は、いつの間にか成長が止まり、やがて枯れてしまいました。白い花の方が強いと言うことでしょうか。
白い花-04.JPG

●ジャスミン?
正式名は忘れましたが、ジャスミン系であることは間違いないでしょう。
少し大きめのプランターに植えているのですが、ぐんぐんツルが伸びてきて、放っておくと収拾がつかなくなってしまいます。
白い花-05.JPG

●ポーチュラカ
今年は玄関先のプランターに、久々にポーチュラカを植えました。
6種類がセットになった苗を買いましたので、いろいろな色の花が楽しめましたが、その中に形の違う2種類の白い花がありました。
白い花-06.JPG

白い花-07.JPG

今回紹介した花は、いずれも最盛期を過ぎたものばかりですが、それでも、あと1ヶ月くらいは楽しませてもらえそうです。
posted by マサちゃん at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 草花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月11日

2013年7月 古代蓮の里

今年もまた、行田の「古代蓮の里」へ行ってきました。
例年どおり5時起きしてカメラを準備し、6時前には到着するのですが、平日にもかかわらず、すでに駐車場は70%くらい埋まっています。
ちなみに、駐車場は蓮の開花期間のみ有料(\500)です。

今年は例年に比べ密集して生い茂っていて、全体的に背も高いという印象です。
花は大きく色付きも良いのですが、縁や裏が変色している葉が、やや目立ちました。
Lotus_2013-001.JPG

Lotus_2013-002.JPG

Lotus_2013-003.JPG

一番人気の「甲斐姫」という品種です。
皆さんこの花の前で止まってしまい、ベスト・アングルを求めて、カメラマンが順番待ちをしているほどです。
Lotus_2013-004.JPG

古代蓮の池から隔離された少し奥まったところに、黄花の蓮池があります。
Lotus_2013-005.JPG

駐車場に並行したエリアには小さなプールのような池がたくさん並んでいて、世界の蓮が植えられています。端から端まで歩くだけで、バラエティーに富んだ蓮の花を堪能することができます。
Lotus_2013-006.JPG

Lotus_2013-007.JPG

Lotus_2013-008.JPG

Lotus_2013-009.JPG

Lotus_2013-010.JPG

Lotus_2013-011.JPG

Lotus_2013-012.JPG

Lotus_2013-013.JPG

Lotus_2013-014.JPG

Lotus_2013-015.JPG

古代蓮の里のシンボルタワーがある古代蓮会館は有料(\400)ですが、駐車場の半券を提示すれば半額で入館できます。蓮や地域の自然などを勉強できる展示の他、地上50mのシンボルタワーの展望台から、周囲の景色を一望することができます。
Lotus_2013-016.JPG

最近は、展望台の下にある広大な田園を利用して、田んぼアートが作られています。
そして、展望台からこの田んぼアートの全景を見ることができます。
Lotus_2013-017.JPG

古代蓮会館は有料なので入館者は少ないのですが、展望台からは関東平野ならではの見晴らしの良さを実感できるので、今度は空気の澄んだ冬晴れの日を選んで、パノラマを楽しんでみようかなと思いました。
posted by マサちゃん at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 草花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月26日

八丁湖の紅葉 2012

昨年の紅葉は、どこも色付きがイマイチでしたが、今年は暑さが長引いたものの、おおむね色付きが良く、あちらこちらから美しい紅葉の画像が公開されているようですね。
私は今年も、お気に入りスポットの八丁湖へ、紅葉の状態を確認しに出かけました。我が家から比較的近いので、色付きがまだ十分でなければ出直すつもりでしたが、見ごろといってよいほど、美しい景色に出会えました。

今年は黄色い葉が目立っていました。
kouyou2012-01.JPG

赤と黄のコントラストがきれいでした。
kouyou2012-02.JPG

日を受けて、錦に輝いています。
kouyou2012-03.JPG

典型的なもみじです。
kouyou2012-04.JPG

まだ、赤くなりきらない紅葉も、また美しいものです。
kouyou2012-05.JPG

グリーンから赤へのグラデーション、この状態の葉が大好きです。
kouyou2012-06.JPG

桜の葉は、だいぶ散ってしまいました。
kouyou2012-07.JPG

不本意ながら、自由な時間がとれるので、天気の良い平日の午前中に出かけましたが、帰る頃(10時半頃)には、駐車場はほぼ満車状態でした。当然、高齢者のカメラマニアが大半であることは言うまでもありません。
もちろん私も、その一人ではあるのですが…。
posted by マサちゃん at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 草花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月16日

2012年のポピー・ハッピースクエア

5月中は、ちょっとした出来事がきっかけとなって、溜まり続けていたことを一気に処理しようと一念発起し、部屋の片づけをはじめとして忙しい毎日を送っていました。
そんなわけで、ブログに投稿する時間がとれない状態が続いていました。

しかし、6月になってようやく一段落したので、ここにブログ投稿を再開することにしました。
この間にも、投稿したいブログネタはたくさんあったのですが、どんどん旬が過ぎていき、いまさら投稿しても仕方ないような気はしています。
今回投稿したポピーの話題も、現時点では摘み取りまで終わってしまっているのですが、自己満足を達成するため、あえて投稿させていただきました。

今年は上記の忙しさで、危うくポピーを撮影する機会を逃すところでしたが、摘み取り前のギリギリのタイミングで出かけることができました。実際のところ、満開時期に比べてしおれた花も目立ち始めていましたが、それでも十分に楽しむことができました。

POPY-2012-1.JPG

POPY-2012-2.JPG

背中に顔のような模様がある、ハナグモの一種でしょうか。
POPY-2012-3.JPG

ミツバチが、花びらのふちを舐めて(?)いました。
POPY-2012-4.JPG

真っ赤な花びらを、太陽の光が、より赤く照らし出しています。
POPY-2012-5.JPG

写真はたくさん撮ったのですが、どれも似たり寄ったりとなってしまいます。
来年こそは、何かテーマを決めて撮影に臨みたいと、毎年思っているのですが・・・。

もうすぐ、蓮の花が見ごろとなります。
今年こそは、何かテーマを決めて撮影に臨むぞ・・・。
posted by マサちゃん at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 草花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月14日

桜咲く

前回のブログで「4月8日に桜祭りが開催されますが、はたして見ごろとなるでしょうか。」と書きましたが、その後、日中暖かい日が何日か続いたおかげで、桜が一気に開花しました。
そして、心配していた我が家の椿も見事に咲きそろいました。
201204-01.JPG

当日は、4月と言うのに霜注意報が出るほどの寒さでしたが、終日快晴でまさに花見日和。昼食後に桜まつりの会場となった鴻巣公園へ出かけてみることにしました。
まずは、公園の隣にある勝願寺に立ち寄ってみると、桜が見事に咲いていました。
201204-02.JPG

しかし、裏庭に回ってみると、まだ梅の花が少し残っていました。
201204-03.JPG

勝願寺と鴻巣公園は隣り合わせで、この写真の左側が勝願寺、右側が鴻巣公園です。
201204-04.JPG

鴻巣公園内は桜まつりの会場となっていて、ご覧のとおりの人出でした。
201204-05.JPG

公園の周りにたくさんの桜が植えられていて、ほとんどの木が満開ですが、品種の違いでしょうか、まだ五分咲き程度の木も混在していました。
201204-06.JPG

201204-07.JPG

例年は桜まつりの頃に散り始めている河津桜も、今年は同時に満開になっていました。
201204-08.JPG

201204-09.JPG

201204-10.JPG

桜まつり会場では、フラダンスのサークルが日ごろの成果をお披露目、遠くから巨大なスーパーマリオが見学しています。
201204-11.JPG

帰り道では、我が家の近所にある人形屋の屋上に、鯉のぼりが泳いでいました。確かに花見を過ぎれば、端午の節句は間近ですね。季節は着実に進んでいるようです。
201204-12.JPG

ところが、桜まつりから1週間が経った今日は、朝から冷たい雨が降り続いています。しかも、昨夜は時折轟音を立てるほどの大雨が断続的に降っていました。もしかしたら、せっかく咲き揃った桜の花が、豪雨にたたき落とされてしまったのではないかと心配です。

明日は晴れの予報が出ていますので、例年のように八丁湖の桜の様子を見に行ってみることにしましょう。
posted by マサちゃん at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 草花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月25日

ようやく春の気配

このブログでも、今年の冬の寒さを何度も話題にしていますが、もうすぐ4月と言うのに、今日も1日中寒さに震えていました。
例年ならば、年初めには食べつくされるはずの千両や万両の実がまだ少し残っていたり、梅の花がようやく咲きそろい始めたりと、異常低温の影響はあちらこちらに表れています。

それでも、遅ればせながら、我が家の庭にも春の兆しがようやく目に見え始めましたので、写真に収めてみました。

●沈丁花(じんちょうげ)
例年ならば2月末には咲き始める沈丁花の花が咲き始めたのは、3月に入ってからでした。
昨年投稿した写真はほぼ同じ時期でしたが、花が散り始めていたように記憶しています。
しかし、今年はようやく丸く咲きそろい始めたところです。
2012_Spring_01.JPG

まだ、つぼみ状態の花も多数残っています。
2012_Spring_02.JPG

●オオカタバミ
いつからか庭の一角に陣取ってしまった、オオカタバミです。こちらは冬の初頭に一旦枯れたのですが、なぜか一番冷え込んだ真冬に復活して、今や堂々と大きな葉っぱを広げています。しかし、ピンクの花のつぼみは、まだ見られません。
2012_Spring_03.JPG

●椿(つばき)
今年は、たくさんつぼみを付けたので開花を楽しみにしていたのですが、今のところ開花したのは数輪で、しかも開ききらないうちに枯れてしまう花もあります。
2012_Spring_04.JPG

ほとんどの蕾はまだご覧のような状態で、いつ開花するのか見当がつきません。気温の上昇とともに一斉に咲くのを期待していますが、この寒さがもう少し続くと、このまま開花しないような気もします。
2012_Spring_05.JPG

●マンサク
昨年の写真を確認してみると、花が開きかけている状態でしたが、今年はようやく蕾が膨らんできたという状況です。
2012_Spring_06.JPG

●白メダカ
昨年の初夏に生まれた稚魚も厳しい冬を耐えて、ようやく泳ぎだす元気が出てきました。この水鉢は3cm以上の厚さの氷が張ったのですが、よく耐えたものです。
2012_Spring_07.JPG

●ミニバラ
特に手入れもしていない、ほったらかしのミニバラですが、毎年新芽を出してくれます。
2012_Spring_08.JPG

●撫子(なでしこ)
今年、始めて冬を越した撫子です。今年の寒さで霜にやられてしまったと思ったのですが、霜枯れで変色した葉の間から、若葉色の新芽が勢いよく伸びてきました。
2012_Spring_09.JPG

●紅カナメ
この木は完全に定着しているのですが、やはり新芽が出るのが遅いです。
2012_Spring_10.JPG

●モッコウバラ
我が家の庭で圧倒的な生命力を誇るモッコウバラも、さすがに今年の芽吹きは遅いようです。
昨年の写真では、すでに葉が開き始めていました。
2012_Spring_11.JPG

市では4月8日に桜祭りが開催されますが、はたして見ごろとなるでしょうか、今後の気温上昇次第ですね。今のところ、駅前の河津桜が咲き始めたところで、ソメイヨシノはまだ開花の兆しがみられません。まあ、そんなに慌てなくても、間違いなく桜は咲いてくれることでしょう。
posted by マサちゃん at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 草花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月10日

行田の古代蓮

以前、行田のさきたま古墳と花菖蒲の話題を投稿しましたが、その時に予告したとおり、今回はさきたま古墳から2km程度の距離にある「古代蓮の里」の様子を投稿します。

ここの蓮は、工事によって掘り返された土の中に眠っていた蓮の実が発芽し、美しい蓮の花が開花したことから発見されたもので、その後の調査で1,400年〜3,000年前の蓮であると推定されています。

蓮の花は午後になると閉じてしまうため、花を撮影するのは午前中が勝負となります。そんなワケで、この蓮の撮影に行くときは、いつも5時起きしています。我が家から「古代蓮の里」までは車で15分程度ですが、今年も例年どおり5時30分に自宅を出発しました。
「古代蓮の里」に到着すると、いつもと少し様子が違います。6時前だというのに、すでに駐車場に入る車が入口の外に並んでいるのです。
事前に調べていかなかったのですが、この日は「行田蓮まつり」だったのです。
Hasu-01.JPG

特に今年は、忍城を舞台にした映画「のぼうの城」が上映されるため、行田市としては例年以上に力が入っているようです。ご覧のように、蓮池にはすでに多くの人が来ていました。しかも、花の開花状況も満開と言ってよい状態です。
Hasu-02.JPG

Hasu-03.JPG

「古代蓮の里」のシンボルタワーが、快晴の青空をバックにそびえています。
Hasu-04.JPG

多くの写真マニア(私も)が蓮池を取り囲むように、列をなしています。
Hasu-05.JPG

蓮の花の姿は、いつ見ても美しいですね。
Hasu-06.JPG

Hasu-07.JPG

Hasu-08.JPG

今年は、蓮の葉の上にたたずむカエルの姿が多く、しかもオタマジャクシからカエルになったばかりの、尻尾がまだ残っている姿も、あちらこちらで見かけました。
Hasu-09.JPG

朝日を透かした花弁の輝きは、いっそう美しいですね。
Hasu-10.JPG

Hasu-11.JPG

ここ「古代蓮の里」では、古代蓮以外にも世界中の様々な蓮を見ることができます。
そんな花の姿をいくつかご披露しましょう。
Hasu-12.JPG

Hasu-13.JPG

Hasu-14.JPG

Hasu-15.JPG

Hasu-16.JPG

Hasu-17.JPG

Hasu-18.JPG

それにしても、今日は朝から猛烈な暑さでした。
帰宅したのは8時半ごろで、いつもの日曜日なら起きたばかりの時間です。
それなのに、すっかり日焼けして帰ってきた、という感じです。

さて、行田は蓮まつりでしたが、我が鴻巣市は恒例の「夏祭り」です。
14時から中仙道を全面通行止めにして、歩行者天国となります。
maturi_01.JPG

通りには、お祭りではおなじみの屋台がたくさん並んでいます。
maturi_02.JPG

maturi_03.JPG

例年ならば、通りを神輿が威勢よく渡り歩くはずですが、この時間ではまだ見かけませんでした。歩いているだけで熱中症の危険を感じるほどの暑さでしたから、神輿を担ぎ出すころ合いを見計らっていたのかもしれません。

関東は梅雨明けとなりましたが、これから9月までこの暑さが続くのかと思うと、少々辛いものがあります。昨年のように、今年も35度を超える猛暑日が続くのでしょうか。今日の暑さからは、最高気温の更新もありうるのではないかと、嫌な予感がよぎるのであります。
posted by マサちゃん at 17:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 草花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月25日

さきたま古墳の花菖蒲

以前の投稿で、さきたま古墳公園を紹介しましたが、花菖蒲が咲くころにもう一度訪ねたいと予告しました。先日、新聞の埼玉版で、川島町の公園で花菖蒲が見ごろになっていることを知り、それならば、さきたま古墳も見ごろだろうと、花菖蒲の写真撮影を目的に再訪しました。

実際に、咲き具合はどうだったか、この写真をご覧ください。

syoubu-01.JPG

syoubu-02.JPG

syoubu-03.JPG

ご覧のとおり、花が咲きそろい、見ごろを迎えていました。
しかし、これは報道写真にありがちな、事実を誇張した写真なのです。
実際のイメージは、次の写真をご覧ください。

syoubu-04.JPG

いかがでしょうか、なんか物足りないですよね。しかも、菖蒲田といえるのはこの一角だけで、期待していた古墳のまわりの堀には、葦が生い茂っているだけでした。

まあ、それでも個々の花は豪華で美しく、以下のように見事なものでした。

syoubu-05.JPG

syoubu-06.JPG

syoubu-07.JPG

syoubu-08.JPG

syoubu-09.JPG

syoubu-10.JPG

ついでに、当日撮影した他の写真もご披露しましょう。

公園の奥に、クチナシの花を巨大化したような白い花を付けた木を発見しました。
これは「泰山木(タイサンボク)」です。名前は聞いたことがありますが、これで実物と名前を、はじめて結びつけることができました。

taisanboku_01.JPG

taisanboku_02.JPG

こちらは、資料館のそばで咲いていた「夏椿(ナツツバキ)」です。

natutubaki-01.JPG

natutubaki-02.JPG

我が家のナツツバキは、葉ばかり生い茂って、今年は花が3輪ほどしか付きませんでした。やはり、日ごろから手入れしていないことが、バレバレですね。

公園の緑地帯に群生した「シロツメクサ」に、「ベニシジミ」がとまっていました。

shijimi.JPG

さあ来月は、いよいよ古代蓮の撮影に出かけることにしましょう。
posted by マサちゃん at 14:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 草花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月28日

春が来た

もう3月末だというのに、この寒さは異常ですね。
今月初めの気象予報では、ちょうど今頃に桜の開花宣言が、あちらこちらから届くはずでしたが、これでは4月にずれ込みそうです。

それでも、まわりをよく見ると、春の兆しが着実に訪れています。
そこで今回は、我が家の草木の新芽と開花情報を投稿することにしましょう。

●キンモクセイ
手入れをしていないので、年々花付きが悪くなっていますが、新芽は毎年出てくれます。
kinmokusei.jpg

●ナンテン
てっぺんの新芽が、日を浴びて赤く輝いていました。
nanten.jpg

●ジンチョウゲ
ちょうど花が咲きそろいました。そして、花の後ろには新芽が出番を待っています。
jintyouge.jpg

●ベニカナメ
赤い新芽が、グングン伸びてきました。
benikaname.jpg

●ツバキ
こちらは、ちょうど花が咲き始めたところです。
今年は何故か、裏側に花がたくさんついてしまいました。
tubaki.jpg

●マンサク
我が家の赤いマンサクには、今年も花芽がたくさんつきました。
mansaku.jpg

●ミニバラ
いつも枯れてしまうかと思うと、必ず新芽が出てきて復活します。
minibara.jpg

●ツツジ
こちらも、毎年確実に花芽を付けてくれます。
tutuji.jpg

●ナツツバキ
幹の表皮はすっかり剥けてしまいましたが、それでも新芽が出てきます。
natutubaki.jpg

●モッコウバラ
鉢植えでは全然成長しなかったのが、地植えにしたらグングン成長しました。
mokkoubara.jpg

●雑草(名前は知りません)
役目を終えた鉢に生えた雑草に、可憐な白い花が咲いていました。
zassou.jpg

こうしてみると、たくさんの木があり、さぞかし広大な庭があるように思えますが、実際は家と家の隙間のようなスペースなのです。南側なのに、日当たりは最悪です。かえって、道路に面した北側の玄関わきの方が、明るくて木の育ちも良いようです。
posted by マサちゃん at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 草花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする